日本森林林業振興会の森林(もり)づくり事業

 一般財団法人日本森林林業振興会では、公益事業の拡大を図り、森林づくりに係る事業を自ら行うとともに、これらの事業及び活動等に対して協力・支援を行い、もって、地球温暖化防止をはじめとして、水源の保全、環境教育などの面で森林づくりに資することを目的として、「日本森林林業振興会森林(もり)づくり事業基金」を平成20年6月末に設立しました。





名古屋支部の実施状況

加子母裏木曽国有林48い1林小班の分収造林地(平成21年3月設定)

 平成21年3月30日に中部森林管理局と分収造林契約を締結し、東濃森林管理署管内の加子母裏木曽国有林48い1林小班に3.8haの分収造林地を設定しています。

加子母裏木曽国有林48い1林小班の分収造林地(平成21年3月設定)の平成26年7月の状況
平成26年7月の状況
加子母裏木曽国有林48い1林小班の分収造林地(平成21年3月設定)の植栽前
加子母裏木曽国有林48い1林小班の分収造林地(平成21年3月設定)の植栽前
植栽前
 分収林契約の概要
  • 契約期間:H21年~H91年
  • 契約面積:3.80ha
  • 植栽樹種:ヒノキ
  • 植栽面積:3.80ha
  • 植栽本数:11,400本


古峠国有林3234と1林小班の分収造林地(平成21年10月設定)

 平成21年10月に中部森林管理局と分収造林契約を締結し古峠国有林3234と1林小班に分収造林地を設定しています。本分収造林地は、『水源かん養機能を高度に発揮する森林を』との地域要請を踏まえて、広葉樹を主体とする森林を造成するとともに、併せて、岐阜県立森林文化アカデミー横井秀一教授のご指導を受けて、広葉樹林施業の試験地を設定しています。

古峠国有林3234と1林小班の分収造林地(平成21年10月設定)の平成26年6月の状況
平成26年6月の状況
古峠国有林3234と1林小班の分収造林地(平成21年10月設定)の分収造林地看板
分収造林地看板
 分収林契約の概要
  • 契約期間:H21年~H101年
  • 契約面積:5.10ha
  • 植栽樹種:スギ、ヒノキ、ミズナラ、ホオノキ、クリ、カエデ類
  • 植栽面積:4.77ha(施業面積)
  • 植栽本数:12,430本

鮎立中山国有林4023か林小班の分収造林地(平成23年3月設定)

 平成23年3月17日に中部森林管理局と国際森林年記念の分収造林契約を締結しています。また、同年5月14日には地域の方々と共に記念植樹祭のイベントを開催しました。

鮎立中山国有林4023か林小班の分収造林地(平成23年3月設定)の平成26年6月の状況
平成26年6月の状況
鮎立中山国有林4023か林小班の分収造林地(平成23年3月設定)の植栽前
植栽前
 分収林契約の概要
  • 契約期間:H23年~H103年
  • 契約面積:2.63ha
  • 植栽樹種:ヒノキ
  • 植栽面積:2.63ha
  • 植栽本数:7,890本


ページのトップへ戻る